マイテーマ



若い頃、万事に器用な友を、とてもうらやましく思った。

しかし年を経た今思うのは、
その人もまた自分の限界点で悩むのだろうということと、
私が苦もなくしているが、その人には苦手な何かもまた、
あったかもしれないということ。


誰しも、自分にできることの臨界点で、日々もがいている。
人生とは、自分の能力を広げる挑戦にほかならない。

私が今できなくて、できるようになりたいこととは何だろう?
それが、私にとっての課題。
人それぞれ、課題はみな違う。

時の流れとともに1つずつ達成して、
或いは失敗していくことによっても、
課題は移り変わっていく。


課題を見据(す)えて、人生を歩みたい。

日々の雑事のなかでもそれを忘れず、
けれど雑事もおろそかにすることなく1つずつ向き合って、
でも自分の骨子(こっし)に流れる課題を、いつも感じながら。

小さな1つの達成ごとに、その喜びを誰かと分かち合おう。
翌日から、新しい1段に足をかける日がはじまる。

生きているうちに、どこまで到達できるのだろうか?
そこから眺める景色はどうだろう?
とても楽しみに思うこの頃である。

2012.10.  
トップページへ